ワキガについて押さえておくべき3つのこと
ホーム > > 理想は都会のマンション暮らし

理想は都会のマンション暮らし

私は、都心部に近い便利な場所にあるマンションに住みたい。以前は、郊外の一軒家にあこがれていたが、今では、通勤やお出かけの移動に時間も労力も費用もたくさんかかるのは、不自由だと思うからだ。私は小さいころから、都会に近いマンションで生まれ育ったので、そちらのほうが慣れているということもある。私は女性なので、最寄り駅からも徒歩10分以内くらいで、あまり遠くないほうが良い。駅から近い分、家賃が上がったり、間取りが小さくなるかもしれないが、それでも都会の近くで駅からも近い立地が大事だ。駅から遠いと、自転車やバスで駅まで出たりするので、駐輪場代やバス代などで、結局費用もかかる。マンションは新築でなくてもよいが、ある程度、共用部分の廊下なども片付いていて清潔な環境が望ましい。内装は白い壁で、シンプルなものが掃除もしやすくて、よいだろう。階数は3階~五階くらいが理想的だ。階段でも移動できる範囲であり、見晴らしもよく、風通りも、ある程度良いと思われる。角部屋が良いが、角部屋でも、階段の近くだと音が響いたり騒音がある場合があるので、一概に角部屋が良いとは限らない。風呂場やトイレや押し入れなどで仕切られ、隣室と生活スペースの音がひびきにくい工夫がされていれば、隣接していてもあまり気にしないで暮らせると思う。ほどほどに近所の生活音が聞こえるのは、安心感もある。慣れない土地で主婦業をしていたときに、日中一人でいたので、近所の生活音などが聞こえると寂しさがまぎれたり、人が近くにいる安心感があったものだ。マンションの良さはそういう部分もある。また、庭の手入れなども、自分でする必要なないのもマンションの良いところだ。共用部分の庭や植木なども、マンションなら、きちんと管理されて、適切な時期に手入れがなされる。隣接した一軒家のように、ご近所のお庭などの落ちが入り込んできたりして、その掃除にわずらわざれるということもない。特に年齢を重ねてくると、郊外の一軒家では、外出がだんだんとおっくうになったり、家にこもりがちになることが多いようだ。都会に近いマンションだと、友人たちの集まりにもフットワーク軽く参加できるし、家の手入れで忙しく家にしばりつけられがちになる、ということもない。 門前仲町マンション売却査定